大月キリスト教学園

子ども・子育て支援新制度が2015年4月から始まったことに伴い、本園では「私学助成を受ける幼稚園」から「施設型給付を受ける幼稚園」に移行し、再出発することになりました。

幼稚園としての建学の精神を始め、教育方針や教育内容は、今までと全く変わるところはありませんが、保育者の皆さんに負担して頂く「園児納付金」(新制度では「利用者負担金」と言います。)が、 軽減されることになりました。利用者負担金の金額については、保護者の所得に応じて5つの段階に区分され、階層ごとに負担金額が決められます。

例えば、大月市の場合、2018年度においては、次のようになっています。
(園児が在住する市町村によって金額に若干の差額があります。)

課税される市民税額による階層区分 利用者負担額(月額)
(1)生活保護世帯 0円
(2)市民税非課税 3,000円
(3)市民税所得割課税額  77,100円以下 10,000円
(4)市民税所得割課税額 211,200円以下 20,000円
(6)市民税所得割課税額 211,201円以上 25,000円

※同じ世帯で幼稚園年少から小学校3年生までの範囲において、最年長の子どもから順に二人目は上記金額の半額、 三人目以降は0円となります。 例えば、小学校3年生の兄(姉)がいて、その弟(妹)が年長児、さらにその弟(妹)が年少児にいた場合、年長児は半額、 年少児は無料になります。

なお、上記基本保育料以外に特定保育料として、一律月額2,000円の負担があります。(入園金の負担はありません。) このように新制度移行に伴い、様々な改正がありました。 納付金を始め、詳細について確認されたい方は、園のほうに直接お問い合わせください。